行きつけネイルサロンを見つけよう!【新宿・渋谷・池袋】

行きつけネイルサロンを見つけよう!【新宿・渋谷・池袋】

エリア別おすすめネイルサロンRanking

ネイルケア

このページでは、ファイリングや甘皮処理、バッフィングなど、ネイルの基礎メニューである「ネイルケア」について説明します。

欠かせない!事前のネイルケア

ネイルケア1ネイルは前処理がとても大切。この処理をしておくことで、ネイルの持ちがグっとよくなり、デザインも美しく仕上がります。また、ネイルを塗らない場合でも、ケアをしてもらうことで爪はピカピカに。手の印象もずいぶん変わりますよ。

それでは、ネイルケアの基本的なものをご紹介しましょう。

ファイル(ファイリング)…爪の長さを整える方法です。爪切りは使用せず、ネイルファイル(エメリーボード)というアイテムを使用し、爪の先端やサイドを整えていきます。やりたいデザインによってファイリングも異なりますので、ネイリストさんと相談しましょう。

甘皮処理…爪と皮膚の間にある甘皮は、ネイルを塗る範囲を狭めてしまうので、事前に取り除いておきます。爪と皮膚の間にばい菌が入るのを防ぐ意味もあり、爪の表面に残ったルーズスキンという薄い皮も同時に取り除きます。

バッフィング…バッファーというアイテムを使って爪の表面を整えます。凸凹をなくすことでネイルの密着性が格段によくなるため、ネイルを長持ちさせるためには外せないケアです。

これらの処理は、美しいネイルを完成させるためには不可欠。また自己流ではなかなかうまくできないケアなので、ネイルサロンに行く際にプロの手で徹底的にケアしてもらいましょう。

自分でやってはいけない前処理は?

ケアの料金は別料金にしているサロンもありますし、ケア込みで料金を設定しているところもありますが、まったく手入れをしていない人は、本格的なケアをしてもらってからネイルを塗るほうがいいでしょう。

そして、ネイルサロンに行く前に、自分でやってはいけないこともあります。

自己流の甘皮処理…せっかくサロンに行くのですから、ネイリストにお任せしましょう。自分で無理に処理すると炎症を起こしてしまうケースもあります。

爪を切る…これもネイリストに任せましょう。爪切りで爪を切ると、爪の層が二重になってしまうこともあります。また、短く切りすぎたことでやりたいデザインができなくなることも。

ハンドクリームでのお手入れ…手を見せることになるのでハンドクリームで念入りに…と思うのはNGです。ハンドクリームの油が爪に乗ってしまうと、ネイルの密着性が落ちてしまいます

このように、よかれと思ってやったことが裏目に出やすいので要注意!せっかくサロンに行くのですから、ケアもプロに任せましょう。